アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「太宰治」のブログ記事

みんなの「太宰治」ブログ

タイトル 日 時
太宰治「虚構の春」内容の整理
太宰治「虚構の春」内容の整理 太宰治の「虚構の春」は、雑誌「文學界」昭和11年(1936年)7月号に掲載された小説である。「道化の華」(昭和10年5月)、「狂言の神」(昭和11年10月)とともに、「虚構の彷徨」三部作をなす。 「虚構の春」は、昭和10年12月上旬から翌昭和11年元日までのあいだに、小説家「太宰治」に送られてきた書簡の、本文のみを並べるという形式でつくられた小説である。檀一雄の『小説太宰治』によれば、「大きなボール箱に、一杯つめられた手紙類を取り出して、部屋中に散乱させ、太宰は、クシャクシャになって、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/22 00:09
記憶を与える(太宰治『思い出』論)
記憶を与える――愛の物語としての『思い出』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/13 00:54
太宰治『思い出』内容
太宰治『思い出』内容 太宰治『思い出』 テキスト=新潮文庫『晩年』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/10 13:52

トップへ | みんなの「太宰治」ブログ

documents 太宰治のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる