【まとめ】加藤夢三『合理的なものの詩学』

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年  読書会でこの本を扱うことになったので、内容をまとめたレジュメを作るために、各章についてのメモをブログに載せます(何度も読みましたが、どうしてもある程度、批判的にならざるをえませんでした)。  章ごとに記事を書いており、ここには目次…
コメント:1

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』補論i

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 補論ⅰ 「存在すること」の条件 ―― 東浩紀『クォンタム・ファミリーズ』の量子論的問題系  この章では、東浩紀の長編小説『クォンタム・ファミリーズ』(2008~2009年)が取り上げられる。  東自身はこの小説を、自…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』終章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 終章 パラドックスを記述するための文学的想像力 一 「経験」と「理論」の乖離  昭和初期の書き手たちは、「科学の危機」や「数学の危機」(相対性理論、量子力学、ゲーデルの不完全性定理などが含意されている)に対して、格…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第九章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第九章 「怪奇」の出現機構 ―― 夢野久作『木魂』の表現位相  この章では、昭和初期の文学における「合理」と「非合理」という観点から、夢野久作の文学活動について考察が行われる。特に取り上げられるのは、1934年に発表さ…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第八章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第八章 多元的なもののディスクール ―― 稲垣足穂の宇宙観  昭和初期の文壇には〈自然科学=人間科学〉のイデオロギーがあり、科学受容の中心となっていたのは精神生理学や心理学であった。  しかし、稲垣足穂は、「人間存在…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第七章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第七章 「合理」の急所 ―― 中河與一「偶然文学論」の思想的意義  中河與一は1935年前後、理論物理学と小説創作を、何らかの形で結びつけられないか模索していた。ハイゼンベルクの不確定性原理を中心とする量子力学を取り上…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第六章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第六章 「ある唯物論者」の世界認識 ―― 横光利一『上海』と二〇世紀物理学  この章では、横光利一の長編小説『上海』(1928~1931年)が取り上げられる。『上海』は、もともと「ある唯物論者」という書名になる予定だっ…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第五章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第五章 観測者の使命 ―― 横光利一『雅歌』における物理学表象  1920年代から新感覚派として作家活動を行ってきた横光利一は、1930年前後、新心理主義へと移行したとされる。加藤夢三は、この1930年前後の横光の「転…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第四章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第四章 新感覚派の物理主義者たち ―― 横光利一と稲垣足穂の「現実」観  加藤夢三は、同じ「新感覚派」とされる横光利一(1898~1947年)と稲垣足穂(1900~1977年)について、彼らの「現実」観(時間・空間認識…
コメント:1

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第三章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第三章 ジャンル意識の政治学 ―― 昭和初期「科学小説」論の諸相 はじめに  「科学小説」というと一般には、サイエンス・フィクションと同一視される。サイエンス・フィクションが日本で発展したのは、戦後になってからの…
コメント:1

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第二章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第二章 「現実」までの距離 ―― 石原純の自然科学的世界像を視座として はじめに  1920~30年代の日本の言説空間では、従来の古典物理学的な時空間表象(「素朴実在論」に裏づけられた自然科学的世界像)への懐疑が…
コメント:1

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第一章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第一章 「科学的精神」の修辞学 ―― 一九三〇年代の「科学」ヘゲモニー はじめに  1930年代の言説空間には、「科学」と「精神」を強引に結合した、「科学的精神」という表現が多く登場した。  この章では、その「…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』序章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 序章 思考の光源としての理論物理学 本書の問題意識(2ページ)  近代日本の文化は、「科学的経験」と「文学的経験」の接触面に立ち上がってきた。  「科学」と「文学」を二項図式的に切り離すのではなく、文化思潮を支え…
コメント:0

続きを読むread more

「小説という名の実験」正誤表

私が同人となっている、文芸批評・文学研究のグループ「凡庸の会」が、雑誌『文学+』第2号を刊行しました。 私は、「小説という名の実験―安部公房『砂の女』論」を掲載しています。 当該雑誌は1200円+送料です。下記フォームよりご注文ください(在庫切れの場合はご容赦ください)。 https://docs.google.com/f…
コメント:0

続きを読むread more

『唐版 風の又三郎』 あらすじ

唐十郎 『唐版 風の又三郎』(1974年) ・登場人物の設定 → 『唐版 風の又三郎』 登場人物の設定 ・劇のストーリー以前の設定 → 『唐版 風の又三郎』 設定のまとめ 【注意】 以下、唐十郎の『唐版 風の又三郎』のストーリーを記述します。観劇の予定がある方などで、いわゆる「ネタバレ」を避けたい方は、ご観劇のあとにお読み…

続きを読むread more

『唐版 風の又三郎』 登場人物の設定

唐十郎 『唐版 風の又三郎』(1974年) ・劇のストーリー以前の設定 → 『唐版 風の又三郎』 設定のまとめ ・あらすじ → 『唐版 風の又三郎』 あらすじ 以下は、唐十郎の戯曲『唐版 風の又三郎』(1974年)の登場人物の設定をまとめたものである。 ▼織部 幼少期は月光町で暮らしており、当時は「風の又三…

続きを読むread more

『唐版 風の又三郎』 設定のまとめ

唐十郎 『唐版 風の又三郎』(1974年) ・登場人物の設定 → 『唐版 風の又三郎』 登場人物の設定 ・あらすじ → 『唐版 風の又三郎』 あらすじ 以下は、唐十郎の戯曲『唐版 風の又三郎』(1974年)の、劇のストーリーが始まる前に起きた(と考えられる)出来事を、時系列で並べたものである。 ▼1940年代…

続きを読むread more

唐十郎戯曲のモチーフの変化 (初期から中期へ)

唐十郎という劇作家の最大のテーマは、「制度」との葛藤である。 半世紀にも及ぶキャリアを通じて、このテーマが追究されてきた。 そして唐十郎にとって「制度」とは、自分たちの生きる日常を知らず知らずのうちに規定してしまっているフィクションであった。 それは具体的には、ある時期までは、欺瞞的な平和の中にある戦後市民社会を指していたが、…

続きを読むread more

筒井賢治『グノーシス』要約

筒井賢治『グノーシス』(講談社選書メチエ、2004年)   まえがき――本書の狙いについて グノーシスとは本来、「キリスト教グノーシス」と同義であり、初期のキリスト教会で広まっていた一部の思想を総称する専門用語。 「グノーシス」という古代ギリシア語は、「認識」「知識」「知ること」を表す。 何を知るのかというと、以…

続きを読むread more