【参加者募集】安部公房の演劇ワークショップ(1/23-25)

【俳優(志望)の方むけワークショップ参加者募集】

2015年1月の23日(金)から25日(日)にかけて、板橋のサブテレニアンという小劇場で、俳優の方むけの演劇ワークショップが開催されます。
http://itabashi-buhne.jimdo.com/2015-1/ws%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0-1%E6%9C%8823-25%E6%97%A5/
その企画の中で私も数コマ、ワークショップを行うことになりました。

演劇の実作の現場を離れた現在の私にとっては、これはとてもイレギュラーなことなのですが、企画全体のテーマが私の研究してきたことと関わるものですので、参加させていただくことに決めました。
企画全体のテーマは「安部公房」です。
安部公房は小説の分野だけではなく、さまざまな分野で活動していた人で、特に演劇では「安部公房スタジオ」という劇団を作り、「安部システム」というとても独特な俳優訓練法まで考案して実践していました。
その演劇活動を検証して、面白い部分を発見しようというのが、今回の企画全体のテーマです。

今回の企画では、私以外にも数人の演出家・パフォーマー・研究者の方が、それぞれのワークショップを行われます。
その中で、私はなかば「演劇経験のある人間」として、なかば「安部の研究者のはしくれ」として、自分なりに安部の演劇についてのワークショップをやってみようと思っています。

【安部公房の演劇】

安部公房は、第二次世界大戦の敗戦後間もなく作家としてデビューし、主に小説の分野で活動していましたが、1955年から新劇に戯曲を提供するようになりました。
特に、劇団俳優座の演出家であり当時の新劇を主導していた千田是也と密接な関係を持ち、演劇理論(スタニスラフスキーやブレヒトなど)への関心も高めます。
しかし、当時の新劇の俳優の類型的な演技に、次第に不満をつのらせてゆき、1969年からは自分の戯曲を自分で演出するようになりました。
それと同時に、俳優の演技を訓練の段階から改革すべく、1970年代には「安部システム」という独自の方法を考案し、それを実践する「安部公房スタジオ」という劇団まで立ち上げました。

では、「安部システム」とはどんなものでしょうか。
安部公房は、新劇の演技は「型」(演技をうまくこなしている俳優のパターン)や「心理」(台本の解釈によって得られる役の感情)に頼ってしまっているため、「リアリズム」を標榜しながらもまったくリアルではない、というふうに新劇を批判します。
そのような従来の新劇の演技から脱却するために安部が考案したのが、「安部システム」です。
ある俳優が舞台に出て、特に何もすることなくじっとしている、それでもその俳優の存在の仕方がとてもリアルであるため、観客は飽きることなくずっと観ていられる――「安部システム」は、究極的には、そのような俳優を生み出すことを目的としています。
「安部システム」は大雑把にいって、「型」や「心理」からではなく「生理」から演技を組みたてるという方法です。
つまり、自分の身体の生理的な部分への感覚を研ぎ澄まし、それを操作することで、パターンや感情では表現できないリアルなものを表現しようというのが、「安部システム」の目的です。

そんな「安部システム」の訓練を持続的に行い、安部のイメージを俳優の肉体によって表現する劇団として、「安部公房スタジオ」は活動しました。
「安部公房スタジオ」の演劇は、作品としても、文学的に完成された戯曲を上演するという新劇の枠組みに収まらない、身体的で空間的なパフォーマンスに近いものだったようです。
「安部公房スタジオ」は、相当に新しく実験的なことをやったはずですが、アメリカ公演は絶賛されたものの、日本国内では現代演劇の潮流を変えるほどのインパクトは持てなかったようです。
「安部公房スタジオ」の活動休止、そして安部自身の死の後、新しい世代の演劇人が安部の方法を受け継ぐことは(おそらく)なく、安部の演劇はほとんど忘れ去られています。(最近、安部の研究者の間では演劇活動の研究が盛んになってきていますが)

安部公房の演劇については、私自身、以前論文を書きました。
詳しくはそちらもご覧ください。→「安部公房論―演劇編―」

【ワークショップの内容】

さて、今回の私のワークショップでは、安部公房の考案した俳優訓練法「安部システム」を、実際に試してみようと思っています。
「安部システム」に関しては、「生理」をもとにした独特の集中法や、即興演技の課題など、なかなか面白い実践的なテキストが残っているのですが、
それらのテキストから「安部システム」のプログラムを復元して(この段階までは私が用意しておきます)、参加したみなさんに実際にやってみていただく、というふうにするつもりです。
私も「安部システム」のようなやり方で演劇を作ったことはありませんので、やってみたらどんなものになるかは分かりませんが、だからこそ実験としては面白いのではないかと思っています。
そして、安部公房には特に興味がない俳優さんが参加されても、「こんなにも変わった演技へのアプローチがあるんだ!」といったふうに、面白く思っていただけるようにしたいと思っています。(そしてその後の俳優活動に、ひとつの参照項として役立てていただけましたら……)

私のプログラム(23日、24日)は以下のようになります。(変更の可能性もあります)
・「安部システム」の概要説明。(最低限にします)
・集中法――「ニュートラル」という演技に適した状態を作ってみる。
・「生理」をもとにした表現を、安部公房の指示どおりに試してみる。
・安部による即興演技の例題を試してみる。
・「安部システム」にもとづいて、短い場面を作ってみる。

「うまく何かを作ること」よりも、「新しい演技の仕方を試してみること」に重点を置くつもりです。

【詳細情報】

「現代演劇のための俳優ワークショップ」
安部公房特集:演劇と文学の交差点――身体とイメージを操る――
2015年1月23日(金)~25(日)

清末担当回
23(金)16:00~
24(土)16:00~
25(日)13:00~(この回のみ、横田宇雄さんと合同)

受講料 1回1,600円
(私のワークショップはそれぞれ1回で完結するようにします)

会場 サブテレニアン(〒173-0013東京都板橋区氷川町46-4 B1F)
http://subterranean.jp/access.html
東武東上線大山駅北口から徒歩7分。(大山駅は池袋駅より3つ目です)
都営三田線板橋区役所前駅から徒歩3分。

※動きやすい格好でご参加ください。(上下ジャージ、着替え、靴など)
※だいたい1回2時間ほどです。
※私以外の方の回にご興味があれば、ワークショップのサイトをご覧ください。
(俳優の方でなくても、レクチャーと「安部公房スタジオ」作品の上映の回もありますので、ご興味ありましたらぜひ!)
http://itabashi-buhne.jimdo.com/2015-1/ws%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0-1%E6%9C%8823-25%E6%97%A5/
※ご連絡は私にいただければ、私の方から予約を入れさせていただきます。
(このブログへのメッセージで大丈夫かと思います)
(もし万が一、しばらくしても私からの返信がなければ、メッセージが届いていない可能性がありますので、お手数ですが上のウェブに載っている方法でワークショップの主催者側にご連絡ください)