【読書メモ】『合理的なものの詩学』第三章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第三章 ジャンル意識の政治学 ―― 昭和初期「科学小説」論の諸相 はじめに  「科学小説」というと一般には、サイエンス・フィクションと同一視される。サイエンス・フィクションが日本で発展したのは、戦後になってからの…
コメント:0

続きを読むread more