【まとめ】加藤夢三『合理的なものの詩学』

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年  読書会でこの本を扱うことになったので、内容をまとめたレジュメを作るために、各章についてのメモをブログに載せます(何度も読みましたが、どうしてもある程度、批判的にならざるをえませんでした)。  章ごとに記事を書いており、ここには目次…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』補論i

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 補論ⅰ 「存在すること」の条件 ―― 東浩紀『クォンタム・ファミリーズ』の量子論的問題系  この章では、東浩紀の長編小説『クォンタム・ファミリーズ』(2008~2009年)が取り上げられる。  東自身はこの小説を、自…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』終章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 終章 パラドックスを記述するための文学的想像力 一 「経験」と「理論」の乖離  昭和初期の書き手たちは、「科学の危機」や「数学の危機」(相対性理論、量子力学、ゲーデルの不完全性定理などが含意されている)に対して、格…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第九章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第九章 「怪奇」の出現機構 ―― 夢野久作『木魂』の表現位相  この章では、昭和初期の文学における「合理」と「非合理」という観点から、夢野久作の文学活動について考察が行われる。特に取り上げられるのは、1934年に発表さ…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第八章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第八章 多元的なもののディスクール ―― 稲垣足穂の宇宙観  昭和初期の文壇には〈自然科学=人間科学〉のイデオロギーがあり、科学受容の中心となっていたのは精神生理学や心理学であった。  しかし、稲垣足穂は、「人間存在…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第七章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第七章 「合理」の急所 ―― 中河與一「偶然文学論」の思想的意義  中河與一は1935年前後、理論物理学と小説創作を、何らかの形で結びつけられないか模索していた。ハイゼンベルクの不確定性原理を中心とする量子力学を取り上…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第六章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第六章 「ある唯物論者」の世界認識 ―― 横光利一『上海』と二〇世紀物理学  この章では、横光利一の長編小説『上海』(1928~1931年)が取り上げられる。『上海』は、もともと「ある唯物論者」という書名になる予定だっ…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第五章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第五章 観測者の使命 ―― 横光利一『雅歌』における物理学表象  1920年代から新感覚派として作家活動を行ってきた横光利一は、1930年前後、新心理主義へと移行したとされる。加藤夢三は、この1930年前後の横光の「転…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』第四章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 第四章 新感覚派の物理主義者たち ―― 横光利一と稲垣足穂の「現実」観  加藤夢三は、同じ「新感覚派」とされる横光利一(1898~1947年)と稲垣足穂(1900~1977年)について、彼らの「現実」観(時間・空間認識…
コメント:0

続きを読むread more