【まとめ】加藤夢三『合理的なものの詩学』

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年  読書会でこの本を扱うことになったので、内容をまとめたレジュメを作るために、各章についてのメモをブログに載せます(何度も読みましたが、どうしてもある程度、批判的にならざるをえませんでした)。  章ごとに記事を書いており、ここには目次…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』補論i

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 補論ⅰ 「存在すること」の条件 ―― 東浩紀『クォンタム・ファミリーズ』の量子論的問題系  この章では、東浩紀の長編小説『クォンタム・ファミリーズ』(2008~2009年)が取り上げられる。  東自身はこの小説を、自…
コメント:0

続きを読むread more

【読書メモ】『合理的なものの詩学』終章

加藤夢三 『合理的なものの詩学――近現代日本文学と理論物理学の邂逅』 ひつじ書房、2019年 終章 パラドックスを記述するための文学的想像力 一 「経験」と「理論」の乖離  昭和初期の書き手たちは、「科学の危機」や「数学の危機」(相対性理論、量子力学、ゲーデルの不完全性定理などが含意されている)に対して、格…
コメント:0

続きを読むread more