テーマ:村上春樹

村上春樹「ドライブ・マイ・カー」について

 村上春樹の短編集『女のいない男たち』の劈頭を飾る「ドライブ・マイ・カー」は、周到な計算のもとに書かれた佳作である。  60代も半ばになる村上はこの作品で、自身がデビュー当時からもちつづけてきた主題に対し、現在の彼なりのやり方で正面から向きあっているといえる。  「ドライブ・マイ・カー」を通して私たちは、村上春樹とはどのような小説家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹『女のいない男たち』の「まえがき」について

 村上春樹の短編集『女のいない男たち』(文藝春秋、2014年)には、村上自身による「まえがき」が設けられている。  村上はこの「まえがき」の存在を、自分の小説にとっては例外的なものであるという。  「まえがき」の冒頭、そのことに言及した箇所をみてみよう。 長編小説にせよ短編小説集にせよ、自分の小説にまえがきやあとがきを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more