アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
documents
ブログ紹介
清末浩平が、自分の書いた論文を載せるために作ったブログです。
2012年より、普通のブログとしても使っています。
ツイッターアカウント: @mstr_kk

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
【まとめ】藤沢令夫『プラトンの哲学』要約
【まとめ】藤沢令夫『プラトンの哲学』要約 藤沢令夫『プラトンの哲学』(岩波新書、1998年) 要約 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/28 01:31
藤沢令夫『プラトンの哲学』要約(3)X〜Z
藤沢令夫『プラトンの哲学』要約(3)X〜Z 藤沢令夫『プラトンの哲学』(岩波新書、1998年) X〜Z 要約 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/26 11:38
藤沢令夫『プラトンの哲学』要約(2)W
藤沢令夫『プラトンの哲学』要約(2)W 藤沢令夫『プラトンの哲学』(岩波新書、1998年) W 要約 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/21 11:17
藤沢令夫『プラトンの哲学』要約(1)T〜V
藤沢令夫『プラトンの哲学』要約(1)T〜V 藤沢令夫『プラトンの哲学』(岩波新書、1998年) T〜V 要約 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/19 10:36
【まとめ】吉本隆明「詩とはなにか」要約
【まとめ】吉本隆明「詩とはなにか」要約 吉本隆明「詩とはなにか」要約 初出 「詩学」1961年7月号 テキスト 『詩とはなにか』詩の森文庫、2006年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/02 19:56
吉本隆明「詩とはなにか」要約(5)
吉本隆明「詩とはなにか」要約(5) 吉本隆明「詩とはなにか」要約 初出 「詩学」1961年7月号 テキスト 『詩とはなにか』詩の森文庫、2006年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/02 18:58
吉本隆明「詩とはなにか」要約(4)
吉本隆明「詩とはなにか」要約(4) 吉本隆明「詩とはなにか」要約 初出 「詩学」1961年7月号 テキスト 『詩とはなにか』詩の森文庫、2006年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/02 18:39
吉本隆明「詩とはなにか」要約(3)
吉本隆明「詩とはなにか」要約(3) 吉本隆明「詩とはなにか」要約 初出 「詩学」1961年7月号 テキスト 『詩とはなにか』詩の森文庫、2006年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/02 17:35
吉本隆明「詩とはなにか」要約(2)
吉本隆明「詩とはなにか」要約(2) 吉本隆明「詩とはなにか」要約 初出 「詩学」1961年7月号 テキスト 『詩とはなにか』詩の森文庫、2006年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 23:19
吉本隆明「詩とはなにか」要約(1)
吉本隆明「詩とはなにか」要約(1) 吉本隆明「詩とはなにか」要約 初出 「詩学」1961年7月号 テキスト 『詩とはなにか』詩の森文庫、2006年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 19:39
斎藤忍随『プラトン』要約
斎藤忍随『プラトン』要約 斎藤忍随『プラトン』(岩波新書、1972年) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/23 12:21
田中美知太郎『ソクラテス』要約
田中美知太郎『ソクラテス』要約 田中美知太郎『ソクラテス』(岩波新書、1957年) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/19 00:35
エミール・ゾラ「演劇における自然主義」内容のまとめ
エミール・ゾラ「演劇における自然主義」内容のまとめ エミール・ゾラ「演劇における自然主義」(1879年) 内容のまとめ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/22 14:18
イプセン『人形の家』について
イプセン『人形の家』について テキスト ヘンリック・イプセン、矢崎源九郎訳『人形の家』(新潮文庫、1953年) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/17 23:47
太宰治「虚構の春」内容の整理
太宰治「虚構の春」内容の整理 太宰治の「虚構の春」は、雑誌「文學界」昭和11年(1936年)7月号に掲載された小説である。「道化の華」(昭和10年5月)、「狂言の神」(昭和11年10月)とともに、「虚構の彷徨」三部作をなす。 「虚構の春」は、昭和10年12月上旬から翌昭和11年元日までのあいだに、小説家「太宰治」に送られてきた書簡の、本文のみを並べるという形式でつくられた小説である。檀一雄の『小説太宰治』によれば、「大きなボール箱に、一杯つめられた手紙類を取り出して、部屋中に散乱させ、太宰は、クシャクシャになって、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/22 00:09
無意識の光(メーテルリンク『ペレアスとメリザンド』について)
無意識の光 ―― メーテルリンク『ペレアスとメリザンド』について ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/27 18:57
記憶を与える(太宰治『思い出』論)
記憶を与える――愛の物語としての『思い出』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/13 00:54
太宰治『思い出』内容
太宰治『思い出』内容 太宰治『思い出』 テキスト=新潮文庫『晩年』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/10 13:52
「私の好きな現代戯曲」ーー『しあわせな日々』
「本読み会」さんのウェブサイトの「私の好きな現代戯曲」というコーナーに、文章を掲載していただきました。 ベケットの『しあわせな日々』についてです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/29 12:19
唐十郎論――肉体の設定(5)
唐十郎論――肉体の設定 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/07 21:59

続きを見る

トップへ

月別リンク

documents/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる